記事の詳細

GEを去るにあたって、ジャック・ウェルチはすべての事業に対し、市場でナンバーワン、またはナンバーツーであるように求めたのは誤りであったと語ったと言われています。短期的な成功を目指す視点と中長期的な成長の余地を残す視点のバランスもランチェスターの法則を用いる際には、必要だということです。

小さく市場セグメントを分割し、適切な勝つためのターゲット市場を絞り込んで、市場を集中的に攻略することで、非常にビジネスの成功確率は高まるでしょう。常に勝つことが既存の事業においては求められますが、変化する環境に企業が継続企業として、適応する能力を維持していくための重要なポイントは機会と成長を逃さないことなのです。

理由は「経営幹部たちはそのために、市場を狭く定義するようになり・・・、機会と成長のチャンスをGEは逃す結果になった」からです。時として常勝するためのその戦略は、勝てる可能性がある市場機会をとり逃すことになります。

市場でのナンバーワン、ナンバーツーの座を常に目指し、必要以上に市場を狭くセグメント化することは、機会と成長をともに逃すことにもなります。ただ、1つここでも気をつけなくてはならないポイントがあります。

戦略をランチェスターの法則を用いて策定する際には、自社を弱者と捉えるか、強者と捉えるかの判断が市場の動向などを見極めた上で、非常に重要になります。自社の能力が判断の時点では、十分ではないと考えられるために、市場で勝つ確率も低く見込まれたとしても、市場で実際に事業活動を行なうちに自社の能力自体が成長することは少なくありません。

経営革新システムのベンチャーネットは、自己成長マニアです。
SFAやコンテンツマーケティング、マーケティングオートメーションなどで収益の大幅アップを見込めます。

– 注目サイト –

株式会社ベンチャーネットはこちら
URL:http://dailynewsonline.jp/article/946595/
株式会社ベンチャーネット

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る